アメリカ車

【電気自動車】新時代のEVメーカー「テスラ」の全モデルを徹底解説

みなさんこんにちは!サネです!

 

今回は、今話題の電気自動車メーカー「テスラ」の全モデルを元ディーラー目線で徹底解説させて頂きたいと思います!

 

テスラは今までの自動車の概念を覆す非常に面白い自動車メーカーなので、是非最後までご覧くださいませ。

 

こんな方にオススメ
  • 電気自動車に興味がある方
  • ネットで車を購入したい方
  • 維持費が激安な車をお探しの方
  • 外車の知識を身に付けたい方

早速見ていきましょう!


 

そもそもテスラとは?

テスラ、スーパーチャージャー、バッテリー、エコ、電気

まず初めに、テスラをご存知ない方のために簡単にテスラがどのような自動車メーカーなのか解説させて頂きます。

 

アメリカの電気自動車メーカー

テスラは2008年にアメリカのシリコンバレーを拠点に設立された電気自動車メーカーです。

 

テスラという社名の由来は、電気技師であり物理学者である「ニコラ・テスラ」が由来しております。

 

店舗はアップルストアのようなイメージ

テスラの店舗は自動車ディーラーでは無く、アップルストアのような販売店というイメージです。

 

店舗自体に営業マンなどの方は存在せず、商品の説明をするスタッフの方がおり、実際にテスラ車を購入する際は「ネットで購入」するという驚きの手段が主流のようです。

 

まるでアイフォンのように車もネットで買えてしまうというのはとても興味深くて面白いことだと感じますね。

 

選ぶのはグレード、カラー、ホイールのみ

テスラにはメルセデスベンツやポルシェのように多彩なオプション設定は全く無く、オーナーが選択するのは「車種」、「グレード」、「ボディカラー」、「ホイール」のみです。

 

こちらもイメージはアイフォンと同様で、「モデル」、「容量」、「カラー」のみを選択し、購入自体は店舗又はネットで完結してしまいます。

 

一般的な外車の様にグレードやオプション設定で悩むことがないので、非常にシンプルで車を購入するという感覚にはならないかもしれませんね。

 

テスラの全モデルラインナップ

それでは早速、テスラの全モデルラインナップを見ていきましょう!

 

モデルS

それは、車、輸送、電気、テスラです
寸法(重量) 4970×1964×1445mm(2316kg)
航続距離 593km
定員 5名
0〜100km加速 2.5秒
価格帯 989万円〜

まず初めにご紹介するのは、テスラのセダンモデル「モデルS」です。

 

テスラの大きな特徴は消耗品部品がほとんどなく、タイヤ以外の消耗品交換がほぼ必要ないという点です。

 

ガソリン車の場合、エンジンオイル交換や冷却水交換など様々な消耗品を定期的に交換しなくてはならないので数ヶ月ごとに維持費が発生しますが、テスラの場合そもそも消耗品自体がほとんどないので維持費が劇的に安く済みます

 

更にこちらのモデルSが衝撃を与えたのは圧倒的な加速性能です。

 

上位グレードのP100Dの0〜100km加速は驚異の2.5秒を誇り、この加速性能はフェラーリやランボルギーニと同等レベルのパフォーマンスを発揮します。

 

見た目からは想像できないほどのパフォーマンスを発揮するモデルで、まさに羊の皮を被った狼といったところでしょうか。

 

モデルX

寸法(重量) 5036×1999×1684mm(2572kg)
航続距離 487km
定員 7名
0〜100km加速 2.8秒
価格帯 1060万円〜

続いては、テスラのSUVモデル「モデルX」です。

 

モデルXは大人が7名まで乗車できるスペースを確保しており、ファミリーカーとしても使用できる万能型の電気自動車です。

 

後席の特徴的なドアは「ファルコンウィングドア」と呼ばれ、ドアが上向きに開閉することにより横幅が狭い場所でも楽々と乗降車することが可能です。

 

モデルXは超重量級のSUVモデルではありますが、0〜100kmは2.8秒を誇り、こちらもフェラーリやランボルギーニなどのスーパーカーに匹敵するパフォーマンスを誇るスーパーSUVとなっております。

 

モデル3

寸法(重量) 4695×1850×1445mm(1847kg)
航続距離 530km
定員 5名
0〜100km加速 3.4秒
価格帯 511万円〜

続いては、コンパクトセダンモデル「モデル3」です。

 

モデル3はモデルSのコンパクトバージョンともいえるモデルで、全体的にボディサイズがコンパクトになり価格帯も511万円からと半額近い値段設定となっております。

 

とはいえ0〜100kmは3.4秒の俊足を誇り、メルセデスAMGやBMWのMモデルに匹敵するほどのハイパフォーマンスを発揮するモデルです。

 

強いて欠点を挙げるとするならば、内装が非常にシンプルなので内装にこだわりがある方には物足りなさを感じるモデルなのかもしれません。

 

黒い車内\

 

モデルY

テスラ】モデルYの日本発売はいつになる? │ Emotionブログ
寸法(重量) 4750×1978×1624mm(2405kg)
航続距離 480km
定員 7名
0〜100km加速 3.7秒
価格帯 577万円〜

最後にご紹介するのは、ミドルサイズSUV「モデルY」です。

 

モデルYはモデルXのコンパクトバージョンモデルで、モデル3と同様にボディサイズがコンパクト化され、価格帯も577万円からと半額程度の設定となっております。

 

モデルYであっても大人が7名乗車できる居住空間を確保しているので、ファミリーカーとして十分な機能を発揮し、とてもお買い得なモデルとなっております。


まとめ

最後に今回の内容を簡単にまとめさせて頂きますね!

 

テスラの全モデルラインナップ
  • モデルS(セダンモデル)
  • モデルX(SUVモデル)
  • モデル3(モデルSのコンパクトモデル)
  • モデルY(モデルXのコンパクトモデル)

この記事の他にも外車に関する様々な記事を投稿しておりますので、是非こちらもご覧くださいませ。

 

300万円以下で購入できる外車ミニバンを元ディーラーがご紹介!みなさんこんにちは!サネです! 今回は、300万円以下で購入出来る外車ミニバンを元外車ディーラー目線でご紹介させて頂きたい...

 

最後まで読んでくださりありがとうございました!