ドイツ車

【元ディーラー談】ベンツの現行オープンモデルラインナップを徹底解説

みなさんこんにちは!サネです!

 

今回は、メルセデスベンツの現行オープンモデルを元ディーラー目線で徹底解説させて頂きたいと思います!

 

以前の記事にて、300万円以下で購入できる外車オープンカーについても特集させて頂いておりますので、是非こちらもご覧くださいませ。

 

300万円以下で購入できる外車オープンカーを元ディーラーがご紹介!みなさんこんにちは!サネです! 今回は、300万円以下で購入出来る外車オープンカーを元ディーラー目線でご紹介させて頂きたい...

 

こんな方にオススメ
  • メルセデスベンツに興味がある方
  • オープンカーがお好きな方
  • 外車の知識を身に付けたい方

早速見ていきましょう!


 

カブリオレとロードスターの違い

メルセデスベンツのオープンモデルには「カブリオレ」と「ロードスター」という2つの名称を持つモデルが存在します。

 

まず初めにこの2つのモデルの違いについて解説させて頂きたいと思います。

 

カブリオレモデル

メルセデスAMG C AMG カブリオレ 2016年モデル C63 S Cabriolet|価格 ...

まず初めはカブリオレモデルです。

 

結論から言うと、カブリオレモデルとは「通常は屋根が閉まっている車を屋根が開けられるようにした」モデルです。

 

メルセデスベンツで例えると、Cクラスカブリオレというモデルがありますが、CクラスカブリオレはCクラスクーペ(屋根が閉まっているモデル)をベースとしているため、カブリオレモデルという位置付けになります。

 

ロードスターモデル

メルセデス AMG GT にロードスター、オープン版が登場 | レスポンス ...

続いてはロードスターモデルです。

 

ロードスターモデルはカブリオレモデルの正反対のモデルを指し、「通常からオープンモデル仕様の車の屋根を閉められるようにした」モデルになります。

 

メルセデスベンツで例えると、SLCやSLがロードスターモデルとして有名ですが、これらのモデルはベースがオープンカー仕様であるため、ロードスターという位置付けになっております。

 

ベンツの現行オープンモデル

それでは早速、メルセデスベンツのオープンモデルラインナップを見ていきましょう!

 

Cクラスカブリオレ

メルセデス・ベンツ Cクラス カブリオレ|価格・新型情報・グレード諸 ...
寸法(重量) 4700×1810×1410mm(1710kg)
排気量 1496cc
燃費消費率 13.6km/リットル
定員 4名
価格帯 667万円〜

まず初めにご紹介するモデルは、Cクラスクーペをベーズにオープン化したモデル「Cクラスカブリオレ」です。

 

CクラスカブリオレはCクラスクーペと同様にC180のみのグレード設定で、1500ccのガソリンエンジンモデルのみの設定となっております。

 

Cクラスならではの扱いやすさ、快適性を保ちながらオープンドライブを楽しめるモデルで、ベンツのオープンカーの入門モデルとしてオススメのモデルです。

 

Eクラスカブリオレ

メルセデス・ベンツ 新型 Eクラス カブリオレ フルモデルチェンジ 4 ...
寸法(重量) 4855×1860×1430mm(1860kg)
排気量 1496cc
燃費消費率 12.5km/リットル
定員 4名
価格帯 770万円〜

続いては、Eクラスクーペをベースにオープン化したモデル「Eクラスカブリオレ」です。

 

Eクラスカブリオレには、E200、E300、E450の3グレードが設定されており、ドライバーの好みに合わせて最適のグレードを選択する事が可能です。

 

こだわりがなければE200で十分な走行性能を発揮するのでオススメですが、E450になるとメルセデスAMGに近しい走りを堪能する事ができるので、運転が好きな方にはE450が最もオススメのグレードです。

 

Sクラスカブリオレ

メルセデスのフラッグシップオープン「Sクラス カブリオレ」に試乗 ...
寸法(重量) 5030×1910×1420mm(2160kg)
排気量 3982cc
燃費消費率 9.4km/リットル
定員 4名
価格帯 2260万円〜

続いては、Sクラスクーペをベースにオープン化したモデル「Sクラスカブリオレ」です。

 

SクラスクーペはS450、S560という2つのグレード設定がありますが、SクラスカブリオレはS560のみの設定となります。

 

S560カブリオレは、V型8気筒 4000ccのエンジンを搭載し、最高出力は469馬力を発揮するモデルです。

 

その走りはV8ならではの上品で余裕のある走りを演出し、ドライバーを疲労させない滑らかな走りをするモデルです。

 

Sクラスカブリオレは、最上級の乗り心地と快適性を兼ね備えたオープンカーで、大人の究極の贅沢車という印象が強いオープンモデルです。

 

SLCクラス

メルセデスベンツ「SLCクラス」を正式発表!SLKから名称変更して登場 ...
寸法(重量) 4140×1845×1305mm(1480kg)
排気量 1595cc
燃費消費率 14.9km/リットル
定員 2名
価格帯 568万円〜

続いては、メルセデスベンツのコンパクト2シーターオープンカー「SLCクラス」です。

 

SLCクラスは、メルセデスベンツのオープンモデルの中で最もお手頃な価格帯で、Cクラスカブリオレと同様にベンツのオープンモデルとしてオススメのモデルですが、Cクラスカブリオレとの最も大きな違いは、シートが2席のみであるという点です。

 

Cクラスカブリオレの場合、後席シートが用意されており大人4人が乗車する事が可能ですが、SLCクラスの場合、大人2名した乗車する事ができないので、実用性よりもオープンドライブを楽しむ事を重視したモデルです。

 

SLCクラスは、オープンカーがお好きで、二人のみの特別な空間を楽しみたい方にオススメの入門オープンモデルです。

 

SLクラス

V6からV12エンジンまで搭載しちゃう車!!ベンツSLクラス(R231)とは ...
寸法(重量) 4640×1875×1305mm(1780kg)
排気量 2996cc
燃費消費率 11.6km/リットル
定員 2名
価格帯 1329万円〜

最後にご紹介するモデルは、メルセデスベンツのモデルの中でも長年に渡って不動の人気を誇るモデル「SLクラス」です。

 

SLクラスはSLC同様の2シーターオープンカーであり、大人の究極のデートカーです。

 

SLクラスは、荷物が積めない事が欠点であるオープンモデルの中で、ゴルフバックも積めてしまう収納力を持つ珍しいオープンカーで、長年に渡って数多くのファンに愛されてきた人気のモデルです。

 

SLクラスには、SL400、SL550の2つのグレード設定があり、V型6気筒エンジンかV型8気筒エンジンを好みに合わせて選択する事ができます。

 

SLクラスは、大人の贅沢なデートを2人で満喫されたい方にピッタリのラグジュアリーオープンモデルです。


まとめ

今回は、メルセデスベンツの現行オープンモデルを元ディーラー目線で徹底解説させて頂きました!

 

最後に今回の内容を簡単にまとめさせて頂きますね!

 

ベンツの現行オープンモデル
  • Cクラスカブリオレ(4人乗り入門オープンモデル)
  • Eクラスカブリオレ(ミドルサイズオープンカー)
  • Sクラスカブリオレ(究極の贅沢オープンカー)
  • SLCクラス(2人乗り入門オープンカー)
  • SLクラス(不動の人気を誇るデートカー)

この記事の他にも外車に関する様々な記事を投稿しておりますので、是非こちらもご覧くださいませ。

 

【元ディーラー談】ベンツの現行クーペモデルラインナップを徹底解説みなさんこんにちは!サネです! 今回は、メルセデスベンツの現行クーペモデルを元ディーラー目線で徹底解説させて頂きたいと思い...

 

最後まで読んでくださりありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です